ダンボール箱の便利な使い方

荷物の整理には収納ボックスやカラーボックスなどが便利であり、防虫剤を入れておいて衣替えをする時には虫食いなどに注意することが大切です。また湿度の低い風通しの良い場所を選ぶことで、カビの発生を未然に防ぐ効果があります。
木製のタンスは呼吸をするので内部の湿度が一定になり、特に桐のタンスは高い防虫効果と密閉性で衣類の収納にはぴったりの機能性を持っているのです。

幅広い分野のダンボール箱の情報を今すぐ確認できます。

簡易的な衣替えをするならば、衣装ケースなどのプラスチック素材の物よりも紙やダンボール箱で出来たボックスを選べば、より安価に収納をすることが可能になります。



密閉度はそれほど高くないことと、防虫効果が少ないことは懸念材料に入れておく必要性があり、長期の保存には向いていないなどの特性が少なくありません。

しかし使わない時には畳んでおけるために、省スペースで追加もしやすいなどの特徴があります。


そのために短期の保存では活躍する場面が多くあり、引っ越し時などの一時的な収納には特に効果を発揮するのです。

ダンボール箱はホームセンターやスーパーなどでも入手が可能ですし、運送会社の店頭で荷物用の物が販売されております。



スーパーではリサイクル素材のダンボール箱が無料で入手が可能になりますので、必要に応じて綺麗な物をもらうことも有効です。

ダンボール箱は湿気に弱いことや水濡れにより強度が低くなること、虫が発生することなどが特徴なので、汚れたり長期使っている物は定期的に処分する必要があります。