ダンボール箱の特徴と種類

ダンボール箱は、中芯とライナーでできている中空構造のある紙製のシートで作られている箱です。
紙でできているため軽いですが、強度が高いことから梱包資材としてよく使われています。中空構造が衝撃を吸収するので、宅配便や小包郵便などで品物を送る際にはダンボール箱が用いられることが多いです。

引越しのときにも、荷物を入れるために使われています。軽くて丈夫であることに加えて、取り扱いのしやすさもダンボール箱の魅力には挙げられるでしょう。

ダンボール箱のホームページをチェックしましょう。

段ボールで作られているこれらの箱は、折り畳めば1枚の板のようになるからです。

そして使う時には、組み立てて簡単に箱にすることができます。


あまり重いものを入れない場合には、粘着テープを使用することなく底の板を折り込んで組み立てただけで使用することも可能です。


もちろん粘着テープを併せて使うことで、強度をアップさせることができます。
ダンボール箱は使い終わったら、古紙リサイクルに出すことができます。



回収された段ボールは、リサイクルされて新たな紙製品として使われることが少なくありません。段ボールそのものも、古紙のリサイクルから作られていることも多いです。

また最近では、お洒落なデザインの段ボールも増えています。


可愛らしいイラストが印刷されていたり、カラフルな色の紙で出来ていたりするのです。



これらのようなお洒落なダンボール箱は、輸送用としてばかりではなくアイディア次第で様々な用途に使用することが出来るでしょう。