アイデア次第でどんどん活用できるダンボール箱

ネットショッピングをすると、大小さまざまなサイズのダンボール箱が手元に届きます。

軽くて丈夫な箱をそのまま捨ててしまわずに、便利なアイテムに変身させてしまうのもおすすめです。
重たいものが入っていたダンボール箱は、大変丈夫なつくりになっており加工もしやすいため、さまざまなシーンで活用できます。

ダンボール箱のクチコミ情報を求めています。

素っ気ない見た目たっだ空き箱が、カッターやハサミを使ってカットして、ペイントしたり布や紙を貼りつけるだけで、おしゃれな収納箱にもなります。

また、犬や猫などのペットハウスとして使うことも可能です。



部屋に雑然と置いてしまいがちな子供のおもちゃや雑貨類なども、素敵なデザインの布やリメイクシートを貼ったダンボール箱に収納するとすっきりと片付きます。おもちゃ用には大きめのもの、雑貨などの収納には小さめのものをリメイクすると使いやすくなります。


フタを切り落としたサイズが2〜3センチ違いの2つダンボール箱を使うと大変便利なアイテムに変身します。


大きい方の箱の底は、縁を5〜6センチ残してカットします。



そして、それぞれの箱の外側に部屋のインテリアに合わせたデザインのリメイクシートを貼り、小さい方の箱にごみ袋をかけて大きい方の箱を上からかぶせると、空き箱からつくったとは思えないゴミ箱が完成します。
また、浅いサイズのダンボール箱は、フタを切り落として棚の中に置くことで引き出し収納として使えます。
輸入された果物や洗剤の箱は、元々おしゃれなデザインになっていることがあるので、なにも貼りつけずに使うのもおすすめです。